まなびと、あそびと、なかま

ホハルは、子どもが本来持っている、「すすむ気持ち」を大切にしています。

自信を持って前に進む力が育つように、船に帆を張る「ホハル」という名前をつけました。

勉強がきらい、友達とケンカばかりしてしまう。個性の強い子は自信を失うことも多いかもしれません。

でも、子どもは経験から育ちます。良い経験、楽しい経験から、子どもは学びます。

​難しいと思われている子どもほど、楽しい経験をしなければいけません、

ホハルでは、大人がすべてを決めるのではなく、子どもたちと一緒に決めることを大切にしています。

たくさん話し合う。仲間ができる。​ホハルではその時間を一番大切にしています。

「学びを支える環境」

大人が働いて楽しい方がいい。

そしたら子どもだって楽しい。

そのための環境はとても大切。

どうしたら楽しい場所になるか、

​ホハルは子どもと一緒に考えます。